境界面で遊ぶ

機能不全家族育ちの人間が望みの生活を手に入れるまでとその後の話

政治家の資質

先日、夫が懇意にしている政治家の方のお誕生日会に列席してきました。
主役の政治家さんの同志である政治家さん達もご臨席でしたが、いずれも有権者の目線を大切にして下さる立派な方々です。

 

このような貴重な体験をして、私はある過去の出来事を思い出しました。
それは私がまだ中学生の頃、当時通っていた学校で全国各地の教員、教育関係者を招いての催しの準備に生徒が参加していた際の話です。


授業もなく特定の仕事もなかった私は暇を持て余し、校内をウロウロしていました。
そこに丁度良い所にいたとばかりに担任教諭に呼び止められ、空き教室に連れていかれ「ここにある大量の模造紙(過去の生徒が何かの研究結果をまとめたものが書かれていた)をこの教室に展示するように、もちろん一人では大変だろうから下級生を何人か連れてくる」と言われました。
何が何やら分からず、しばらくその場で待っていると先生が知らない下級生を何人か伴って帰って来て「じゃ後はよろしく」と去っていきました。


仕方がないので、何も分からない生徒に任せたということは、展示物の順番とか配置とかの整合性は重要ではなく、とにかくこの教室内に収まっていればいいのだろうと都合の良い解釈をして活動開始しました。
この偶然集められた下級生たちというのが有能でして、シンプルな指示を出すだけでテキパキと働いてくれました。
そしてただ上級生というだけの知らない人間を「先輩、先輩」と敬って、指示を仰いでくれました。

 

私はその時、不思議な高揚感を感じていました。
自分が何を完成させようとしているのか大雑把な枠組みしか分からない状態で、複数の人間が別々の動きをして、バラバラに指示を求めてくる中で瞬時に判断を下し、その結果、仕事が完成したのです。

 

私はこの高揚感に危うさを感じました。
それは人を簡単に思い通りに動かせた快感でした。
このことに殊更、快感を覚えたのは、私は以前やりたくないのに推薦されて多数決で学級委員をしたことがありまして、クラスをまとめるために出したくもない指示を出す立場になったことがあるからです。

逆らう人間もいましたが、彼らは自分の意思を持っている分、良い面も見えるのですが、文句だけは言う、こちらのミスを指摘する時だけ声を上げる人間もいまして、彼らの反発を買いにくいやり方を工夫しなければなりませんでした。

 

大袈裟ですが、足を引っ張られながら苦労して民主政治を行ったことがある人間が、有能な部下を得て専制政治を行った時に覚える高揚感と同種のものでした。
しかも自分が望んで得たことではないので、失敗した際の責任を負わなくていい、成功したらその成果は全て自分のものというおまけつきで。

 

このような体験をしたので、今回お会いした自ら立候補して民主政治を行っている政治家の方々には尊敬の念を覚えます。

彼らは人に対して働きかける立場ですが、大変なご苦労と己れを律する責務を負っておられます。

人には得意不得意があり、私の目指すべき姿ではないと感じました。

私は人を動かそうと試みることでイライラしたり、はしゃいだりして自分を見失うのが好きではない、自分自身に働きかけることのほうが好き、そういう自分でありたいのです。

夫婦間で破滅的な喧嘩をしたときの対処法

※この記事は私がアンガーマネジメントが苦手な人物と長年接してきた経験から、夫婦間で取り返しのつかない暴言をどちらか一方が言ってしまったときの対処法を考察したものです。

些細な喧嘩にも応用が出来ると考えられます。

 

はじめに

この記事で取り上げている夫婦は、お互いに想い合っており、現時点では別れることを考えてもいないことが大前提になっています。

Aがたとえば、怒りに任せて配偶者Bに「お前は人間のクズだ」といった類の全人格否定の言葉を言った場合の対処法を考えてみました。

言われたBのダメージは甚大です。

さて、ここでBが売り言葉に買い言葉でAに対しても同じく人格否定の反撃の言葉を言ったら行き着く先は仮面夫婦か離婚です。

それだけは避けたい。お互いに想い合っているというのに、それでは悲しすぎます。

 

Aは何故そんなことを言ったのか?

まず、Aが配偶者Bに対して「人間のクズ」と言ったのはどうしてでしょう?

前提として、AはBに対して愛情があるにも関わらず、です。

実はAは怒りを感じると、本来、味方であるはずのBと敵の区別を付けなくなり、敵に対するやり方をBにもしてしまうのです。

謙虚に考えれば「人間のクズの要素」が一欠片もない人などいないので、言われたBは本当にAがそう思っているのだと思い込んでしまうのも仕方のないことでしょう。

しかし、繰り返して言いますが、同じ状況で怒ったときの敵に対する反応なのです。

このとき、Aには味方であるBの心情に意識は行っていません。

敵に対して如何に身を守るか(逃げるか)、ダメージを与えるか(戦うか)という選択で、戦うことを選んだということです。

そして、Bは戦うに値する相手と認識したということです。*1

 

もし、ここでBが対応を間違えれば、そのまま敵と見做される危険がありますが、この時点では挽回の余地が十分にあります。

では、Bはどうしたらいいのでしょうか?

 

Bの対処法

さて、Bの心は大きな傷を負いました。

ここで、ショックのあまり取り乱せばAに事の重大さを認識してもらえるかもしれません。

しかし、取り乱すということはBは適切な対処を放棄したことになり、Aの対処が失敗したら最悪です。

そして、Aが冷静なときはまともな人物であれば、この状況で動揺しているのは同じことです。

「人間のクズ」という言葉が完全な失言であることは明白で、味方に言うのはまずかったからです。

これ以降は、Aが過去に同じようなことをしたときにどのように対応したか(または相手からされたか)で態度が変わってきます。

 

怒りが冷めたときのA

まず失言したのなら怒りが冷めれば当然、心からの謝罪の言葉があるはずだというBの期待は外れることが多いです。

怒りにはキッカケがあり、Bにも非がある場合が多いので、たとえ暴言で傷つけたのはAのほうだとしても、Aが自発的に謝罪するパターンは少ないです。

何故なら、Aはこれ以外にも怒りを抑えることが出来ずに暴発したことが度々あるはずで、その度に謝罪し、かつ快く相手に受け入れられたという経験を積んでいれば、とっくにアンガーマネジメントが高いレベルで達成できていて、配偶者に対して暴言を吐くことはしなくなっているはずだからです。

 

それに謝罪したとしても、「暴言を言ったこと」に対して謝ることは出来ますが、「お前は人間のクズである」という内容そのものをなかったことには出来ません。

こともあろうに愛する相手から言われたBの心の傷は完全には癒されません。

このようにして、Aは自分の言葉が武器になることを学び、いったん凶器として使ってしまったら、それを慰撫するための言葉は(自分が使っても)無力であることを知ることになります。

 

というわけで、よくあるパターンはBに対して具体的なプレゼントをしたり、お互いの希望を満たす建設的な提案をしたりします。

(たまにあくまで自分を怒らせたBが悪いと子供ような態度を取るAさんもいますが…)

 

Bの心理

さて、前者のプレゼント作戦は、意外と効果的なのです。

Bのほうも物で釣ろうとしているのは分かってはいますが、少なくともAが反省していて何らかの償いをしようとしている、その気持ちがうれしいのです。

まあ、こういう人だし、しょうがないなぁという感じです。

どちらかが嫌にならない限り、喧嘩と仲直りを繰り返す、発展性はないが破綻もしにくいという関係が続くことでしょう。

 

そして、一見、良く見える建設的な提案には落とし穴があります。

それは、Bのほうが大きく傷つきつつも別れたくないと思っているからです。

この場合、Aが建設的な提案をしているつもりになっても、Bが「この提案を飲まなければ完全に嫌われるのではないか」と疑心暗鬼になり、自分がしたくもない譲歩をすることがあるからです。

Aのほうが自分の言葉を反省して、Bの希望を満たすためにはこうしたらいいんじゃないかと提案しているつもりになっていても、Bにしてみれば「これをやらないとお前はクズのままだよ」と言われているも同然になり、やりたくないのに頷かざるを得ない気持ちになります。

そして、無理にやることになり不満が溜まります。

本当はやりたくないのでやらないと、Aから「やるって言ったのにどうしてしないのか」と責められます。

AにはBにとっては自分が強要したことになっているという自覚がありません。

全くそのつもりがないので当たり前です。

そして、BはAに嫌気が差すか、「自分は約束も守れないクズなのだ」と自信を喪失していきます。

あるいは、Bが完璧な良い夫、良い妻を目指そうとして、Aが逆に気づまりになっていくパターンもあり得ます。

Aがまともな人間なら、ギブに対してテイクしようと考えるでしょうから、自身の負担も大きくなっていくでしょう。

 

上手く行けば成長も望めるパターンではありますが、長期的に見ればビジネス・パートナーではなく夫婦なのですから、ギブ&テイクだけの関係は寂しく感じる人もいるかと思います。

 

まとめ

さて、好ましくないパターンならないためには、最初から無理な提案は飲まないことです。

Aは提案しているだけで、Bに拒否権があります。

しかし、ただ拒否するだけでなく、ここでBが考えなければならないのは、Aが本当は何を望んでいるのかということです。

何がキッカケでAが怒り狂ったのかを考えれば分かります。

それをしないようにすれば、お互いに心地よい生活が保たれることでしょう。

*1:このような説明すると、Aのほうに一方的に問題があると思われるかもしれませんが、そんなことはありません。Aのような性質を持つ人物には、相応の長所があります。このことは別の機会に説明する予定です。

健全な自己肯定感とは? ネオテニーと脳の超可塑性

機能不全家族育ちの人間の問題点に挙げられることが多いのが「自己肯定感の低さ」ですが、私自身も例外ではありません。

成長するにつれて高まってはくるものの、今度は自己肯定し過ぎなのも問題なのではないかという疑惑が生じてきます。

自分自身に疑問を抱くと不安になり、この不安を解消したいと思うのが人情です。

というわけで、バランスの良い自己肯定したいという、言葉自体が矛盾している希望を満たすため、ネオテニー幼形成熟)と脳の超可塑性という人間ならではの特徴を前提とした自問自答の軌跡をご笑覧ください。

 

 

ネオテニーと脳の超可塑性のメリットとデメリット

 

人間の特徴にネオテニー幼形成熟)があります。

これは脳の超可塑性と切っても切れない関係のあります。

人間の文化が急速に発展したのは、遺伝子レベルの変化よりも速いスピードで脳を変化させられ、たとえ変化そのものが極小さなニューロンの結びつきなどの些細なことであっても、思考と行動が大きく変化することも一因と考えられます。

 

これらの特徴から機能不全家族愛着障害が起こりやすく、また克服もしやすくなります。

つまり、脳の可塑性を高めるとネオテニー化せざるを得なくなり、ネオテニー化すると

(育ての)親に依存する期間が長くなるためです。

これにより、親に依存する期間の環境が脳に多大な影響を与えると同時に、環境が変わると脳に大きな変化も望めるということになります。

 

ということは、たとえ幼少時の生育環境が悪かったり、生まれつき若干の脳機能障害があったとしても、適切な処置が取られれば克服は十分に可能であるということです。

現に病気や事故で脳に損傷が起きた場合、意図的もしくは偶発的な要因で回復した例は幾らでもあり、これが可塑性のメリットと言えるでしょう。

逆に不遇な環境に脳が可塑的に適応した結果、環境が変化しても脳が以前の状態を維持したままで不都合が起きることもあります。

身体の反応で言うと以前の怪我や病気から回復しても、原因不明の不調(怪我したところの痛みが消えないなど)が続いたり、心の病の問題ではアダルトチルドレン愛着障害など、各種パーソナリティ障害の原因になるデメリットがあります。

 

ここで思考を分岐させると、さまざまな結論を引き出せます。

試しに2パターン考えてみました。

 

 

結論1 依存対象の選択の仕方

 

自己肯定感の低い人は、依存性が高くなりがちです。

自分に対する信頼感が薄いため、それを外部に求めるからです。*1 

 

そもそも自己肯定感が低いため、完全に自分の内側から改善することが難しく、また脳の特徴からして外部からの刺激で変化させることが出来ますので、いっそ一時的に依存してしまったほうが改善しやすいです。

 

では、適切な依存対象とは何でしょうか?

私が思うに、最もハイリスクでハイリターンなのが他の人間です。

ですが、現実的にはハイリスクの要素が大きすぎるので、多くの人がしているのは分散して依存することでしょう。

(もし多少なりとも依存できれば)親、恋人(配偶者)、友人たちなど、依存心が高ければ高いほど大勢の依存先を必要とします。

また、ハイリスクを避けるため、趣味や仕事や各種の嗜好品に依存先を見出す人もいるでしょう。

思想や宗教に求める人もいるでしょう。

 

幸運にも極めて懐の深いプロのカウンセラーや医師や配偶者に出会った場合、ハイリターンを享受できるので、自己肯定感の低さからくる問題行動が劇的に改善するケースが望めます。

しかし、そこまで一時的な依存先として優秀な人間の数は少ないので、人間以外に依存対象を求めたほうが安全かつ効果的です。

安全と言っても依存は依存ですので、依存することそのものから起こるリスクは常に注意しておかなくてはなりません。

 

因みに、私の主な依存先は書物です。

昔は1ヵ月に10~20冊というペースで読んでいましたが、今では何ヵ月も読まなくても大丈夫になったという、ある意味で嘆かわしいことになっています。

ネットも楽しいですね。

 

 

結論2 どのような選択をしても満足度の高い人生は送れる

 

つまるところ、即死するような環境でなければ幾らでも適応できるので、脳の可塑性を活かして変化させ続ければ、選択の余地のない環境であっても、選択の結果に起こったことであっても、自分が満足することは可能であるということです。 

 

それに、人間は現実ではなく、(脳が解釈する)幻想で生きているという話もあります。

脳を進化させ続けた結果、そのような能力(?)を獲得したのでしょう。

たとえば、体重が重いことで悩んでいる女性が、痩せて綺麗になった自分をイメージ

するだけで満足できるのだそうです。

ただし、それで満足してしまうので、実際のダイエットする意欲がなくなってしまうのだそうです。 

 

しかし、実際に苦しい思いをしてダイエットに成功しても、それに見合う結果(綺麗になって称賛される、モテモテになるなど)が得られず満足できないかもしれないことを思えば、想像だけで満足できるとは何と素晴らしい能力でしょうか。

*1:自分を信じられないため、他者も信頼できないという回避傾向の強い人もいますが、本質的には同じことです

不安定型愛着との長い闘い

確か22、3歳くらいの頃だったでしょうか、私はある研究者の方に出会いました。

といっても直接お会いしたのではなく、本の中で、でしたが。

岩月謙司氏です。

かれこれ15年近く前の話なので記憶が曖昧なのですが、「女性が恋愛において自分を大切にしてくれない(と当の女性にとっては感じられる)男性ばかりを好きになって傷つくのは何故なのか」ということを愛着理論を基に解説した著作でした。

 

私はそれまでは恋愛に多少は関心があるものの、どうしたら上手く行くのか分からない、という状態だったのですが、岩月氏の著作を読んで一気に恋愛に対する意欲を失いました。

というのも、氏の著作を要約すると、

 

父親との関係に問題を抱えている女性は、父親によく似た欠点を持っている男性に惹かれがちである。

幸運にも父親と全く違うのタイプの男性と付き合っても、当の女性側がおかしな言動をして別れてしまうことが多い。

それで、父親似の男性とばかり付き合って傷ついたり、父親と似ていない男性と別れた後に大後悔したり(後の祭りである)する。

これは再演技化(リイナクトメント)や不成功防衛によるものである。

 

というようなことが書かれていました。

 

なんだ~、じゃあ父と似てない人と付き合えばいいんじゃんと思えればそれでよかったのですが、そう単純にはいきませんでした。

父と似ていない人は男だと意識しにくいからです。

父に男性的魅力を感じているわけでは断じてありません(むしろ毛嫌いしている)。

父親=(性別が)男という刷り込みが強すぎるため、自分の父と似ていない男性は、自分が思っている男の特徴を備えていないがゆえに、どんなにいい人でも男だとは思えない、つまり恋愛対象として魅力的に感じにくいのです。

 

それじゃあ、父親と同じタイプで欠点が許容範囲の男性と付き合えばいいじゃんという話なのですが、いかんせん、自分に自信がありません。

そんな魅力的な人が自分なんかを相手にしてくれるわけないじゃんという発想になります。

結局、恋愛をしようと思えば、父親と似ている欠点を持つタイプと付き合うことになってしまい、傷つくのは目に見えています。

それで、いい年頃なのにも関わらず、恋愛はまだ自分には早いと諦めたのです。

 

そして恋愛でボロボロになるのを避けて、自信(自己肯定感)を高めることはある程度はできました。

父親と系統は似ているものの欠点は少ない男性にアプローチする勇気が湧くようになり、その人と結婚しました。

 

ところが、父親に似た人は私の愛着障害的傾向が出やすい人でもあります。

夫は私にとっては男性としても人としても魅力的なので、何ごともなければ関係は良好です。

しかし、何かが起こって私の不安感が強まったとき、不安定型愛着スタイル特有の言動が出ます。

 

最近、自分でも やってしまった… と後悔する出来事があったので、これを機に愛着理論のことをもっと勉強してみようと思います。

新しい人生のテーマが見つかったのでワクワクしています。

 

閑話休題 その4 「生きづらさ」の克服2

自分の「生きづらさ」の原因が親だと自覚して、それを許せないという気持ちが湧き上がったときに、大雑把に分けて、
  1. 親とより関わろうとする
  2. 親から離れる

の2パターンがあるかと思います。

 

どちらを選ぶかは自分がどうしたいかで決めるのが一番ではありますが、親自身のタイプによって、どちらを選ぶか決断しやすくなる場合があります。

 

私の両親を例に挙げますと、母に対しては1が有効で、父に対しては2です。

 

私の母は心に余裕がないときは言動がおかしくなりますが、普段は至極まともです。

本音で語り合って理解し合うことができます。

ただし、私の言うことを理解できるがゆえに自分の過ちにショックを受け、罪の意識から償いたい、もっと面倒を見てやりたいと子離れしにくくなる恐れもあります。

 

一方、父は自身の親への恨みに囚われすぎているところがあり、こちらが真剣に向き合おうとしても上手く行きません。

父自身が自分と向き合うことを避けているのです。

我が子と真剣に向き合うということは自分と向き合うことでもあり、親と真剣に向き合うということもまた、自分と向き合うということでもあります。

どちらか一方にその気がなければ、対話は成立しません。

 

「親が許せない」と感じたときに、どうすれば気持ちが一番楽になるのか、感情をいったん脇に置いて、一人でじっくりと自分と向き合うのがいいと思います。

 

もちろん、1のパターンが有効な親に対しても最終的には2、つまり親離れ、自立を目指すのが本筋です。

 

私自身が親子関係に問題があっただけに父の辛さも分かりますし、母の気持ちも有難いのですが、やはり親離れ・子離れを促すために父母の思いを断ち切るのが妥当であろうと思います。