境界面で遊ぶ

機能不全家族育ちの人間が望みの生活を手に入れるまでとその後の話

好きな人との恋は難しい1 「メールの返信が遅い!」

婚活で知り合った彼と私は最初から遠距離交際でした。

会えるのは1ヵ月に1、2度で、メールでのやり取りがお付き合いの中心になります。

最初のうちこそお互いに1日に何度もメールをしていましたが、関係が進展して1、2日で1往復くらいの頻度に落ち着いてきていました。

 

ときどき、彼からの返信がいつもより遅くなることもありました。

そういう時、私は不安になり、それが彼に対しての怒りに変わっていくことがありました。

「私がこんなにあなたのことを好きなのに、何でその気持ちに応えてくれないの!?

早く返信してよ!」という気持ちが湧き上がって来るのです。

 

しかし、これは冷静に考えるとおかしなことです。

私のメールの内容は「病気で死にそう」とか「事故に遭った」など、すぐに連絡を取らなくてはならないものではありません。

私は彼の恋人として大切にされており、メールの返信が遅れているというだけで冷たくされていると思うのは変なのです。

返信がいつもより遅いとしたら、それは遅れるだけの彼なりの事情がある、ということです。

 

例えばの話、会社の同僚の男性が仕事中に彼女とのどうでもいいメールに夢中になっていたら、私はその人のことを良く思わないでしょう。

つまりこの場合、私は「やるべきことをやらずに彼女の相手をしている男性」が嫌いなのに、私の彼にそういう男性と同じようなことをして欲しいと思っているわけです。

明らかに矛盾しています。

大好きな彼に対して、何故このような理不尽な怒りを感じるのでしょうか。

 

この怒りの根底には「構ってくれないと寂しい」という思いが隠れています。

これは私が幼い頃に親に対して感じていた気持ちと同じものです。

彼は私の親ではありません。私の怒りは私自身の心の問題で、それを彼にぶつけるのは単なる八つ当たりです。

大好きな彼と良い関係を築くには、この自分自身の心の問題と向き合わなくてはなりません。

 

自分自身と向き合うのは結構きついので、メールの返信が欲しいだけなら「最近、忙しいの? 体調に気を付けてね♡」とか連絡する定番の恋愛テクを使えばいいんじゃないかと逃げたくなりますが、それをやるとロクな結果になりません。

 

それで返信がなければますます不満を募らせるでしょうし、返信が来たら来たで一時の気休めにはなっても長い目で見るとまずいことになります。

 

私の場合、それで返信が来て自分の要求が通ったことにいい気分になって味をしめて、彼に自分の「お願い」を聞いてもらう上手い方法ばかり考えるようになるでしょう。

その結果、彼がその要求に応えきれなくなるか、私が聞いてくれなくなってきたことに不満を覚えるようになるかして、関係が悪くなるでしょう。

 

それで大好きな人に振られたら、私はどうなるのでょう。

  1. 自分の恋愛テクが下手だったせいだと思い、小手先のテクニックを勉強する
  2. 自分に魅力がなかったせいだと思い、意味不明の自分磨きを始める
  3. 自分に自信をなくし、恋愛、結婚を諦める
  4. 好きな人とは上手く行かないから、そんなに好きじゃない人のほうが気楽だと思い込む
  5. 結婚は好きという気持ちだけじゃできないと、相手のスペックばかりに注目する
  6. どこにもいない「完璧な理想の人」を死ぬまで求め続ける
軽く考えるだけでも6つの現実逃避パターンを思いつきました……
 
結局、大好きな人と結婚に向けて交際しているというのに、「自分と向き合う」ことから逃げると、つかめるはずだった幸せも逃げていくのです。