境界面で遊ぶ

機能不全家族育ちの人間が望みの生活を手に入れるまでとその後の話

結婚はハイリスクハイリターンの投資2 有望な投資先の見つけ方と確保の仕方

私が婚活していたのはある大手の婚活サイトでした。

こういうサイトは会員数が多いだけに、普段の生活ではまずお目にかかれないハイレベルな人々もいました。

どういうところをハイレベルと感じるかは人それぞれかと思いますが、私の場合は現時点での大人としての成熟度と今後の(人としての)伸びしろを重視していました。

株式投資でいうと、その株が現時点でそれ相応の価値を持ち、今後も上昇していく見込みがあるかどうか、ということです。

 

婚活に話を戻しますと、魅力的な有望株を見つけても、即、投資するのは避けたほうがいいと思います。

というのも、自分と交際して結婚した後の、相手の価値の変化のことも考えなくてはならないからです。

何故なら、結婚するとなりますと、自分自身が相手の価値の変化に影響を与えてしまうからです。

合わない者同士がうっかり結婚してしまうと、すっぱり別れない限りはお互いに悪影響を与え合い、結婚前には見込みがあったはずの伸びしろが少なくなったり、ひどい場合はもともと持っていたはずの価値まで目減りしてしまいます。

結婚してますます魅力的になっていく人と、結婚後に「こんな人だったっけ?」と思われる人がいることの原因の一つです。

 

では、自分と結婚してもしなくても関係なく価値が上がり続ける有望株ならいいかというと、それもまた上手く行きません。

相手の立場を考えてみれば、自分は結婚したところで何らプラスをもたらさない存在ということになるので、投資先(結婚相手)の候補として見てもらえません。

 

つまり、まずは自分にとって有望株で、結婚しても価値が上昇するか少なくとも価値を維持し続ける見込みがある相手を投資先に選ぶのが良いということになります。

そして、相手もまた、自分のことを有望な投資先がどうか判定する投資家でもあるのです。

 

相手に対して投資する、というのは、ただ闇雲に自分の資本を投入することではなく、

自分が投資先として相手にとって有望でありリスクが少ないということを分かってもらうように振る舞うということです。

 

これは何も難しい話をしているわけではなく、気の合う相手に出会えれば、自然に振る舞ってもお互いにそう思えるものだと思います。

 

ただし、こういう自然な流れに任せますと、時間が掛かりすぎたり、お互いの気持ちが固まる前にアクシデントに見舞われて駄目になってしまったりすることもあるかと思います。

 

確実に結婚したい、絶対に逃したくない相手に対しては、時間を掛ければ自然に分かってもらえる自分の結婚相手としての良いところをもう少し積極的にアピールするとよりスムーズに話が進んでいくかと思います。

 

これは自分で勝手に思っている長所を自慢げに話したり、こうすれば異性に受けるだろうというファッションや態度をすることではありません。

あくまでただ一人の目の前の相手にとって、自分は結婚相手として価値があると思ってもらえるようにするということです。

 

とはいえ無理に自分でない人間を演じる必要はありません。

自分の持っているものの中で、相手にとって魅力的に感じるであろう部分を、相手にとって押しつけがましくない形で見せれば良いのです。

 

この魅せ方のコツですが、自分が相手に魅力を感じた時の状況を考えると分かりやすいかと思われます。

どういう時に嫌味な感じがしないで周囲の人の良いところを素直に評価できたかを思い起し、参考にすると良いと思います。

 

たとえば、自分が女性で金銭感覚が相手と大きな差がないことをアピールしたいという場合、気合の入ったメイクとファッションをして言葉で主張するより、(相手から見ればナチュラルメイクと控えめな服装で、(相手にとって)手頃な値段で食事できるお店で楽しそうにしているほうがより伝わりやすいでしょう。

 

つまり、無理して自分の長所をアピールするより、無理しないほうがかえって自分の良さが伝わりやすくなります。

積極的にアピールしても嫌な印象を与えないようにするには、自分の良さが伝わりやすい状況設定を作り出した上で、その場で無理せず自然に振る舞うと成功しやすくなると思います。