境界面で遊ぶ

機能不全家族育ちの人間が望みの生活を手に入れるまでとその後の話

大学をドロップアウトした話

私は高校卒業後、大学に入学はしているのですが、退学しています。

そもそも大学受験をした理由がかなりいい加減で、出身高校が進学校だったため大学進学は当たり前という空気が周囲にあったから。

因みに高校が進学校だったのは、当時の校区の中学校が生徒の非行で荒れていたため、心配した親や周囲の関係者に、たまたま自宅から通える位置にあった受験して入る中学校を勧められて進学し、その中学の卒業生は進学校に入るのが当たり前という空気があったから。

 

そして、その根底に「良い学校→良い会社=良い人生」という価値観が周囲に蔓延していたから。

 

しかし、私は運良く(笑)氷河期世代の最後の方だったので、大学受験の頃は既に「それなりの大学の卒業生が就職活動で苦戦している」という状況は見聞きしていました。

周りの受験生や関係者の人々は、「自分たちが卒業するのは何年も後だから関係ない」とか「そうは言ってもやっぱり大卒とそれ以外の人は社会の扱いが違うよ」という考えが殆どだったと思います。

私自身は、子供時代に経験したバブル崩壊後からの長い低迷が、自分たちが社会に出る頃に都合良く改善するとは思えませんでしたが、大卒者が社会的に有利なのは事実なので取り敢えず大学に入学してみたものの……

 

入学後に気づいたのです。確かに大卒という肩書にメリットがあるのは事実ですが、私にとっての良い人生を送るのに、大卒であることは必要ないということに。

そして、大卒の肩書き自体は私にとっての良い人生の邪魔にはならないものの、昔から私は独学が大好きで学校教育が大嫌いだったということに。

 

中・高・大と空気に流されるように過ごしていたのは、学校が嫌いなので真剣に取り組む労力が惜しかったから。

それよりも、自分の好きな勉強をする方が何倍も楽しかったから。

 

自分の好きなことをするために、嫌いなことも頑張ってしようと我慢して疲れ切り、結局、自分の望み通りの人生を送れなくなってしまう……そんな未来が見えてしまったので、思い切って中退しました。