境界面で遊ぶ

機能不全家族育ちの人間が望みの生活を手に入れるまでとその後の話

不安定型愛着との長い闘い

確か22、3歳くらいの頃だったでしょうか、私はある研究者の方に出会いました。

といっても直接お会いしたのではなく、本の中で、でしたが。

岩月謙司氏です。

かれこれ15年近く前の話なので記憶が曖昧なのですが、「女性が恋愛において自分を大切にしてくれない(と当の女性にとっては感じられる)男性ばかりを好きになって傷つくのは何故なのか」ということを愛着理論を基に解説した著作でした。

 

私はそれまでは恋愛に多少は関心があるものの、どうしたら上手く行くのか分からない、という状態だったのですが、岩月氏の著作を読んで一気に恋愛に対する意欲を失いました。

というのも、氏の著作を要約すると、

 

父親との関係に問題を抱えている女性は、父親によく似た欠点を持っている男性に惹かれがちである。

幸運にも父親と全く違うのタイプの男性と付き合っても、当の女性側がおかしな言動をして別れてしまうことが多い。

それで、父親似の男性とばかり付き合って傷ついたり、父親と似ていない男性と別れた後に大後悔したり(後の祭りである)する。

これは再演技化(リイナクトメント)や不成功防衛によるものである。

 

というようなことが書かれていました。

 

なんだ~、じゃあ父と似てない人と付き合えばいいんじゃんと思えればそれでよかったのですが、そう単純にはいきませんでした。

父と似ていない人は男だと意識しにくいからです。

父に男性的魅力を感じているわけでは断じてありません(むしろ毛嫌いしている)。

父親=(性別が)男という刷り込みが強すぎるため、自分の父と似ていない男性は、自分が思っている男の特徴を備えていないがゆえに、どんなにいい人でも男だとは思えない、つまり恋愛対象として魅力的に感じにくいのです。

 

それじゃあ、父親と同じタイプで欠点が許容範囲の男性と付き合えばいいじゃんという話なのですが、いかんせん、自分に自信がありません。

そんな魅力的な人が自分なんかを相手にしてくれるわけないじゃんという発想になります。

結局、恋愛をしようと思えば、父親と似ている欠点を持つタイプと付き合うことになってしまい、傷つくのは目に見えています。

それで、いい年頃なのにも関わらず、恋愛はまだ自分には早いと諦めたのです。

 

そして恋愛でボロボロになるのを避けて、自信(自己肯定感)を高めることはある程度はできました。

父親と系統は似ているものの欠点は少ない男性にアプローチする勇気が湧くようになり、その人と結婚しました。

 

ところが、父親に似た人は私の愛着障害的傾向が出やすい人でもあります。

夫は私にとっては男性としても人としても魅力的なので、何ごともなければ関係は良好です。

しかし、何かが起こって私の不安感が強まったとき、不安定型愛着スタイル特有の言動が出ます。

 

最近、自分でも やってしまった… と後悔する出来事があったので、これを機に愛着理論のことをもっと勉強してみようと思います。

新しい人生のテーマが見つかったのでワクワクしています。